初診の流れ

矯正歯科治療をご希望の方、初めて矯正歯科治療に臨まれる方へ、当院での治療の流れをご紹介します。治療や保定にかかる期間については、患者さんのお口の状況によって異なります。ここでの表記は目安として参考にしてください。また、不明な点などありましたら、お気軽にお問い合せください。

STEP1.初診・ご相談

歯並びをはじめとするお口のお悩み、ご希望をじっくりとうかがいます。治療が必要であるかどうかといったことも診察でわかりますので、受けようか迷っている方もお気軽にご相談ください。そのうえで、矯正歯科治療の概要についてご説明します。だいたいの費用や期間についてもご提案することが可能です。

STEP2.検査

必要に応じて、お顔(骨格)・歯列の写真、顎・歯のレントゲン撮影や歯型の採取、顎関節の検査・分析を行います。さまざまな角度、観点での検査によって、患者さんのお口の状況を正確に把握することで、最適な装置・治療法を検討します。

STEP3.診断

検査の結果をもとに、治療方針や装置、治療期間、治療費などを含めた診断を行い、わかりやすくご説明いたします。不明な点・疑問などありましたら、何でもおたずねください。

治療計画・治療方針にご納得いただき、患者さんのご同意を得てから、矯正歯科治療を開始します。

STEP4.ブラッシングの練習

治療中は、特にブラッシングがしにくくなります。当院では、十分な時間をかけて患者さんのお口の状況に応じた、適切なブラッシング方法をご指導します。より効果的なオーラルケアを実現する、各種デンタルグッズも受付でご案内しておりますので、ご希望の方はお気軽にお声掛けください。

STEP5.装置の装着

患者さんの歯並び・お口の状況に最適な矯正装置を装着します。装置によって異なりますが、通常2~3回に分けて装着します。装着直後に痛みが生じることがありますが、これは歯が動き始めた証拠ですのでご安心ください。なお、装着後の注意点についてもきちんとご説明します。

STEP6.治療

約1か月に1回の頻度で、定期的に通院していただきます。歯列や装置の状況を確認し、より効果的な方向へ調整いたします。また、お口の専門的なクリーニングを行うことで、治療中の虫歯や歯周病を予防します。

STEP7.保定期間

矯正歯科治療で動かした歯列は、装置を外すとまだ動こうとします。歯並びを適切な位置で安定させるために、保定装置を装着する保定期間を設けます。保定期間中は3~6ヶ月に1回程度、約2年間通院していただきます。保定に必要な期間も人それぞれ異なりますが、矯正で歯を動かした期間と同じくらいの期間が必要となります。