文字サイズ
06-6633-0717 ご予約優先

乱れた歯並びを矯正する方法とは?

歯並びの乱れと聞いて、多くの方は見た目の問題をイメージするのではないでしょうか? 確かに出っ歯やガタガタの歯列をコンプレックスに感じてしまうお子さんも少なくありません。しかし、歯並びの乱れはお口の健康、さらには全身の健康な成長にも悪影響を及ぼします。

歯並びが乱れて歯が重なり合っているとブラッシングがしにくく、磨き残しが発生してむし歯や歯周病を招きやすくなります。また、食べ物をしっかり噛みくだけないために胃腸に負担がかかってしまうこともあります。お子さんの健やかな成長を助けるために、矯正治療が必要だと私たちは考えています。

こちらでは、大阪市阿倍野区、天王寺駅近くの歯医者「木下矯正歯科」が、さまざまな子ども矯正治療方法をご紹介します。一人ひとりの歯並びの状態やご希望に適した治療方法で、正しい歯並びに修正しましょう。

バイオネータ

バイオネータは、「機能的矯正装置」とも呼ばれています。お口周りや舌の筋肉をコントロールして、正しい顎の成長を誘導する装置であり、将来的に非抜歯治療を実現したり、抜歯治療で前歯の傾斜をよい状態に導いたりすることができます。


バイオネーターでの治療

バイオネーターは歯を並べる装置ではありませんので、全て永久歯に生え替わってから歯を並べる必要はあります。
ただ、その時、全ての歯がきちんと並ぶことが出来る様な歯槽部(ハグキの骨)の成長発育を促進させるためのもので、初診時V字型で狭い歯槽形態が、バイオネータ使用後はU字型で犬歯部に十分な幅のあるアーチに成長しています。

治療前
治療後
受け口を治療したケース

写真左のように上顎の前歯が下顎の内側に入っている場合、8歳までならばプレート(床矯正装置)により前歯の被さりを改善させます。このケースもその様にしました。
受け口の中で骨格性の要因がある場合、10歳を過ぎ、身長の伸びが旺盛な頃、再び悪化することがあります。その場合、写真中央のように部分的に永久歯用の装置(エッジワイズ装置)を使用することもあります。
このケースでは、全ての歯に永久使用の矯正装置(エッジワイズ装置)を入れる必要無く安定しています。

治療前
治療中
治療後
出っ歯を治療したケース

上の前歯が伸び出て、下顎に深く覆い被さっているケースです。永久歯が全て生えそろっていない時期から、前歯の被さりを改善することは、下顎の前方への成長を阻害する因子を除去することになり、バランスのとれた顎顔面骨格の形成にとって大切なことです。
このケースでは、混合歯列期に上顎前歯の挙上と内側に倒れた下顎大臼歯の整直を行う事で、将来著しい骨格性上顎前突で抜歯症例になるかもしれないケースを早期の治療を行う事で非抜歯により永久歯咬合が確立できました。

治療前
治療中
治療後
叢生(そうせい:ガタガタの歯並び)を治療したケース

本来、叢生の場合は全ての乳歯が抜けて、永久歯へのはえかわりが完了してから歯を並べるのですが、このケースでは、前歯のガタガタさによって、下顎の前歯の歯肉退縮を引き起こしています。(写真左、下顎前歯の歯肉)
早期に前歯を並べ、前歯に異常な力がかからないようにしていくと、成長期でもあるため退縮した歯肉は回復してくれました。(写真中央)
結果、下の歯に装置を装着することなく、咬合誘導治療のみで終わることが出来たケースです。

治療前
治療中
治療後

ヘッドギア

上顎の骨が前方へ向かって過度に成長するのを防いだり、上の臼歯(奥歯)を後方へ移動させたりすることを目的とした装置です。取り外しが可能で、1日8時間以上装着する必要があります。

上顎前方牽引装置

骨格性(上顎の骨自体が後退していること)の受け口であるお子さんに対し、上顎の前方への成長を促すために使用する装置です。上顎が大きく成長するのは10歳ごろまででのため、多くのお子さんが早期からこの装置を使用しています。

床矯正

顎が小さく歯が正しく並ぶスペースがない場合に、顎の大きさを広げるために使用する矯正装置です。多くの場合、この治療の後に一般的なブラケットを用いた装置による矯正治療を行い、正しい歯並びに導いていきます。

MFT(筋機能療法)

MFTは「Myofunctional Therapy」の略で、筋肉の機能的な治療法として日本語では「筋機能療法」と呼ばれています。歯並びに影響する舌の悪いクセ「舌癖(ぜつへき)」を治すために、専門家のサポートプログラムに沿って、舌とお口周りの筋肉を意識してトレーニングしていく治療法です。

矯正治療と並行して行うことで矯正をスムーズに進めたり、治療後の歯並びの後戻りを防いだりする効果があります。

舌癖(ぜつへき)とは?

舌癖(ぜつへき)とは、文字通り「舌」が持つ「クセ」のことで、とくに歯並びの形成に悪影響を与えるものを差します。たとえば、「舌の位置が悪い」「舌の位置が低い」「舌が前方に出ている」などが挙げられます。

また、「舌で前歯を押している」「舌をよく前に出している」といったクセも舌癖の一つです。舌癖を放置すると、歯や口、顔などの正しい成長を妨げてしまうことがあるため、改善が必要になるのです。

MFTで行う内容

MFTでは、専任の歯科衛生士がマンツーマンで1回約30分のレッスンを行います。
レッスンの内容は次のとおりです。

  • ビデオによる態癖(身体の姿勢)の確認
  • 舌を正しい位置に導き、正しく動かす練習
  • 正しい食べ方・飲み方の確認・練習
  • 正しい発音の確認・練習   など
MFTの流れ
【STEP 1】カウンセリング

はじめに現在の歯並びや噛み合わせの状況、それにまつわるお悩み、また気になる舌癖などがないかなど、お話を伺います。

【STEP 2】診断

歯並びや噛み合わせに影響を与える舌癖があると診断された場合には、MFTを行うかどうか検討します。MFTは矯正治療と並行して舌癖を改善していきます。

【STEP 3】MFT

本格的なMFTを開始します。舌癖が改善されるまで回数を重ねていきます。

【STEP 4】リコール

終了後には、後戻りを防ぐために定期的にチェックを行います。お子さんやご家族も変化を確認し、舌癖が戻らないよう注意しながら観察してください。

治療期間と費用
治療期間 月1回のペースでご来院いただき、約1年半(約20回程度)で改善することを目標にトレーニングを行います。
※回数、期間には個人差があります。
費用 基本料金:32,400円
指導料(1回につき):3,240円
※20回程度を改善目標に、指導していきます。

お子さんの矯正治療についてご相談をお受けしています まずはお気軽に診療のご予約をお入れください 木下矯正歯科 TEL:06-6633-0717

木下矯正歯科について
当院の矯正歯科治療
治療費用のご紹介
医院概要・アクセスマップ

34.64767020837165,135.51097484418028

木下矯正歯科

34.6474319,135.51092119999998