文字サイズ
06-6633-0717 ご予約優先

いつごろから矯正したらいい?

乳歯が生え、そして抜けて、また永久歯に生え替わり……、子どものお口の中は常に変化しています。急激に変化する時期なので、「子ども矯正治療はいつごろからはじめればいいの?」と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

こちらでは、大阪市阿倍野区にある天王寺駅近くの歯医者「木下矯正歯科」が子どもの矯正治療について、開始に適した時期などをご紹介します。最適なタイミングで治療をはじめ、無理なく、美しい歯並びに成長できる環境をつくってあげましょう。

歯並びの治療には「咬合誘導治療(1期治療)」と
「矯正歯科治療(2期治療)」があります

子どもの矯正治療は、治療の目的や開始時期によって「咬合誘導治療(1期治療)」と「矯正歯科治療(2期治療)」にわかれます。

咬合誘導治療(1期治療)
乳歯から永久歯に生え替わる時期である、6歳~9歳に行う矯正治療です。お子さんが持つ、自然に成長しようとする力を利用して顎の成長をコントロールし、上下の顎のズレを整えたり顎全体を大きくしたりすることが目的です。
矯正歯科治療(2期治療)
すべて永久歯に生え替わった後に行う矯正治療です。歯を正しい位置に動かし、機能性に加え審美性にも優れた正しい噛み合わせに導いていきます。

いつからはじめればいいの?

お子さんが矯正治療をはじめるのに適した時期は、お子さん一人ひとりの歯並びの状態によって異なるため、一概に「○歳からはじめましょう」とはいえません。しかし、多くの場合は乳歯から永久歯に生え替わる時期である7歳ごろが適しているといわれています。 (受け口、開咬の場合は、それより早めの5~6歳が良いでしょう。)

この時期は顎が大きく成長するため、矯正治療に必要な骨格のバランスを整えやすい時期でもあります。開始時期には個人差がありますので、タイミングを逃さないために早めに矯正専門医に相談し、目安を知っておくといいでしょう。

矯正治療を行うのは、小学2年生がベスト

木下矯正歯科では、学校歯科医を10年以上務めながら、子どもの成長や発育についての調査や研究を行い、歯学博士論文もこの分野の研究で認められ、学会誌に掲載されました。

子どもの口の周りの筋力が向上する時期について研究を行ったところ、もっとも向上するのは「小学校4年生ごろからの1年間」だということがわかりました。この結果から当院では、矯正治療をはじめるベストな時期は、お口周りの筋肉の機能が大きく向上する少し前、「7歳ごろ」であると考えています。

子どもの矯正治療方法について くわしくはこちら

木下矯正歯科について
当院の矯正歯科治療
治療費用のご紹介
医院概要・アクセスマップ

34.64767020837165,135.51097484418028

木下矯正歯科

34.6474319,135.51092119999998